私の成長につながると確信! ジュニアビシネスキャンプ運営スタッフとして再挑戦!

国内留学

こんにちは♪マナとノマドのまなみです

最近、埼玉の深谷市へよく行きます。

なぜかと言うと、

12月に開催される「第3期ジュニアビジネスキャンプ」の運営スタッフとして

参加するからです。

初のスタッフ参加でのビジネスキャンプでまさかの緊急事態!!←こちらもあわせて読んでみてください♪

今回の経験が私の成長につながると確信しています。

そのためにも全力で運営スタッフとして頑張りたい‼︎

ジュニアビジネスキャンプの視察、

またキャンプに込める私の思いを書いていこうと思います。

深谷までの道中

私の住んでいる山梨から埼玉の深谷までのルートは

いつも雁坂道(かりさかみち)を使います。

山の中を通るルートなので、何かトラブルがあったときは

すぐに助けを求められません。

でも、自然の中を走り抜ける開放感は最高なんですよ。

最近は、土砂崩れがあったみたいなので、

こういう場面に遭遇すると、

山道の1人運転は何が起こるかわからないな〜っと

ちょっと怖くも感じます。

でも11月に行った時は、

ちょうど紅葉のシーズンだったこともあって、

あたりの景色は赤や黄色に染まり、

久しぶりに日本の四季を感じることができました。

私の住んでいるところも自然があり、紅葉もたくさん

見ることはありますが、

やっぱり広大な景色で見る季節の移り変わりは、

いつもとは違う紅葉を感じることができました。

視察場所① 埼玉グランドホテル深谷

約2時間半のドライブの後、

ジュニアビジネスキャンプ運営会社のCEO 近藤英恵さん(はなさん)と一緒に、

キャンプで利用する場所の下見、移動時間、滞在ホテルなど

さまざまなところに行ってきました。

今回の視察では、主に大きな施設を巡りました。

滞在ホテルは

埼玉グランドホテル深谷さん。

集合場所にもなるので、ロビーや

お部屋の様子、キャンプの会場など

ホテルの方も交えての打ち合わせになりました。

こちらのホテルからは、深谷駅が一望できるんです。

グランドホテルから見えた景色

キャンプ開催の時は、駅のイルミネーションがホテルからも見れると思います。

どんな風に見えるのか、今から楽しみです♪

視察場所② 道の駅はなぞの

道の駅はなぞの、地元で生産された和菓子やお惣菜、

農畜産物の加工品やおみやげ品が多数あります。

ご当地キャラのふっかちゃんグッズもズラリとあり、

思わず買いたくなりました。

ふっかちゃんをモチーフにして、深谷を盛り上げようとするアイデアがたくさん詰まっていました。

ふっかちゃんのTwitterのリンクです♪(なんとフォロワー102,938もいるんですよ〜)

ここ「はなぞの」で最終日のプレゼン内容につながる

ヒントを、参加する子どもたちに掴んでほしいと思いました。

視察場所③ ナチュラルスペース グリム

次にNatural Space GRIM(ナチュラルスペース グリム)さん。

クリスマスキャンプにちなんで、プレゼント交換をしながらの

キャンプファイヤーをします。

もちろん、BBQもします!!

広大な敷地には屋根があるので、

雨が降っても心配いりません。

キャンプ初日に緊張していた子どもたちが、

BBQの時までには、仲良くなって楽しんでくれることを

想像すると、準備する私たちも力が入ります。

視察場所④ 大河ドラマ館

大河ドラマ館については、

私もはなさんもびっくり‼︎

今の大河ドラマ「青天を衝け」の俳優陣が書いたサイン色紙や、

ドラマで実際に使った小道具や衣装が飾ってあったり、セット展示や記念撮影ポイントもあって、

大河ドラマの世界を体験できちゃうほど、めちゃくちゃクオリティが高かったんです。

私も実際に行って、ウキウキしたし、

発見もありました。

はなさんと一緒にまわりながら、

子どもたちが楽しく、そして自由な発想で

プレゼンテーションのアイデアを考えてくれたらいいなと思いました。

関東随一の農業のまち深谷

また深谷は関東随一の農業のまちなんです。

もちろん、ジュニアビジネスキャンプに携わってから知りました。

生産物に付加価値をつけて、

さらに農業とテクノロジーを合わせた「アグリテック」に

取り組んでいるそうなんです‼︎

農業(Agriculture)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語。従来の農業における課題をドローンやビックデータ、IoT(モノのインターネット)、ブロックチェーンなどの最新技術で解決する。

日本の農業は高齢化傾向にあり、就業者の数も年々減っている。そんな中、AgriTechが主に担うのは就労者の代わりにAIやドローンなどを利用した「農業の効率化」と、熟練農家の知識を後世に伝えていくための「ノウハウの可視化と分析」、さらには「農業従事者の働き方の改善」だ。


引用 IDEAS FOR GOODよりアグリテックについて

ちょうど視察に行った11月は見渡すかぎ緑の絨毯が広がっていました。

全てブロッコリー‼︎

圧巻です。

私にとっても勉強

キャンプの視察もですが、私にとっても本当に勉強になることばかりです。

それはキャンプを運営する上での、人員、予算、場所の確保、

子どもたちの安全管理、メンターへの指示の仕方の確認などです。

今年の4月からフリーランスになったので、

経営の仕組みを知れたことは、本当にラッキーなことです。

実務経験こそ、今後に生きる力だと本当に思います。

まとめ

ビジネスキャンプを通じて、

参加者側の目線と運営側の目線を体験できることは、

今後の私の人生において大きな影響になると確信しています。

本来なら、2021年は小学6年生の息子の正規留学の準備をしようと

一年かけてフィリピンへ何度か下見に行こうと思っていました。

しかし、このコロナで思うように進まず…

でも、海外へ行く夢は諦めず今できることにシフトチェンジした結果、

ハナマルサロンに出会い、ジュニアビジネスキャンプのファンになり

今に至ります。

コロナ禍で行ったフィリピン親子留学についてはこちら

企画・運営に関わることの難しさを肌で感じますが、

だからこそ、今回の経験が私の成長につながると確信しています。

そしてビジネスキャンプに向けて1番大切なことは、

子どもたちが楽しんでくれることだと思っています。

そのためにも全力で運営スタッフとして頑張りたいと思います。

2021年クリスマスキャンプの内容はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました