初のスタッフ参加でのビジネスキャンプでまさかの緊急事態!!

国内留学

こんにちは♪ mana_to_nomadoのマナミです♪

実は、2021年8月に運営スタッフ(見習い)として参加した

第二期ジュニアビジネスキャンプ!!で

まさかの緊急事態が発生しました!!

もうどうなっちゃうの?! とパニックだった私!!

今回は、その時の現場の様子と、そこで私が成長できたことを

書いていこうと思います。

初スタッフとして参加

第一期のビジネスキャンプに参加した時、

息子の得意なことが開花した

素晴らしいプログラムでした。

今回はドキドキの初スタッフとして参加。

———-第一期ジュニアビジネスキャンプの感想はこちら———

スタッフとして朝早くからの準備だったので、

自宅から埼玉の深谷まで、楽しく息子と出発。

開催時間の2時間前には、きん藤旅館さんに到着しました。

スタッフとして初めてだったこともあって

何をしていいのかわからず

借りてきた猫のようだった私。

とにかく仕事は自分で作るもの!!と

会社員時代の精神で

他のメンバーや以前参加していたメンターの学生さんにも聞きながら

今回、参加してくれる子どもたちのために準備をしました。

玄関先から子どもたちの声が聞こえた時

私もさらに緊張MAX!!

ついに始まったんだという思いが湧き上がってきました。

そこでまた改めて、スタッフとしてサポートを頑張ろう!!と

強く思いました。

トラブルはつきもの?!

ただ本番にトラブルはつきものですね^^;

実際に講義が始まると機材や資料のトラブル発生!!

zoom参加してくれてる子どもたちの声が聞こえなかったり

私の担当していた資料の内容が間違っていたりと

準備段階でなんとかクリアにできたことも

本番でスムーズにいかなかったり…

パニックすぎて、心ここにあらずでした(~_~;)

そんな時も、はなさん含め前回からのメンバーが

サポートしてくれたので特に大きなことにはならず進められました。

カメラを通して見た子どもたち

私がスタッフとして任されていたのが

主に子どもたちのサポートと写真を撮ること。

まだ1日目ということもあって、子どもたちも緊張気味でしたが、

真剣に講義を聞く姿や、少しづつ周りと打ち解けていく姿など

子どもたちの変化を収めることができました。

石川議員さんによる渋沢栄一の教えについての講義や

宿泊先のきん藤旅館の女将さんの講義に加え、

今回も講師として登壇してくれたキメラゴンくん。

そして、初登壇のゆいくん。

とても素晴らしい講義だったのに

一緒に参加していた息子の態度が気になり

そちらに気を取られていて

内容をほぼ覚えてない私です^^; ダメじゃんw↓

↓講義の大ジャスト版です

今回も講師として登壇してくれたキメラゴンくん

今回が初登壇のゆいくん

ビジネスキャンプが中止に?!

1日目の日程が終わってから

スタッフの部屋で知らされたのは

(今回、急遽体調不良で参加を取りやめた)講師の新型コロナウィルス陽性がわかったこと。

②今回登壇した別の講師が(当講師の発症2日前に会っていたことから)濃厚接触者であることがわかったこと。

ハナサカデミアより

※濃厚接触者の講師はもちろん、今回のプログラム中にその講師と最も接触をしていた別の講師とインターン生もPCR検査を受け3人全員が陰性となりました。

やっと1日目が終わったと自分の中でホッとしていたのも束の間。

初めてのスタッフとして参加した私にとっては

かなり衝撃的な内容でした。

えっ!! どーなっちゃうの?

私は何すればいい??

頭はパニックだけど、体は動かない…

こういうう時はどうするのが1番いいの?

1人ぐるぐるです。

すぐに周りが慌ただしくなり、

主催者のはなさん始め、

他のメンバーも対応に追われていました。

文才ない私の試練

その中で私が任されたのは

2日目以降にご協力くださる関係者へキャンプの中止内容をメールでお知らせすること。

この緊迫した状況で考えなければいけない!!

なかなか文章がまとまりませんでした。

例えば、仕事で何かを作った後って

必ずチェックをしますよね。

私の働いていた会社の場合はチェックをしてくれる部署があったし、

個人での仕事の際は自分でのチェックします。

もちろん丁寧に、時間をとって。

でも、今回は早急に文章を作って送らなければなりません。

文章の構成も言い回しも、何をとっても初めてで

私の文章で会社の顔に泥を塗ってしまったらどうしよう(T-T)と

最新の注意して作ったのを覚えています。

コロナよりも大切なこと

個別に送信が終わり、

フタッフの部屋へ戻ると、はなさんが参加者の親御さまへ

電話での対応をしていました。

その時の私には、はなさんに寄り添うことしかできませんでした。

はなさんがビジネスキャンプにかける思いを知っていただけに

この結果は、はなさんにとって本当に残念だったと思います。

【国内留学】渋沢栄一の起業マインドを学ぶ深谷ジュニアビジネスキャンプ体験レポートについて

参加した親の1人として、私も本当に残念でした。

厳しいコロナ禍ので、私たち親子が目指してるフィリピン親子留学が

今は思うように進みません。

ただ、コロナは怖いけど常に覚悟を持って行動したい!!と

私は思っています。

そんな時に、はなさんが決断し開催してくれたビジネスキャンプ。

今年の8月は以前よりも厳しいコロナ禍で

子どもたちも、大人たちも色んな面で制限があって…

それでも参加させたいっと思ったのは

第一期を終えた後の息子の

「帰りたくないなー」「次回も絶対参加するぞ!!」

この一言があったからです!!

だから、私も一緒に参加してみたかったんです。

参加している子どもだちのメンタルも心配していましたが

パニックにもならず、その日は就寝し、

2日目にそ子どもたちが帰路へむかいました。

今回最年少の男の子がいました。

その子は最後まで、

「帰りたくない!!」「みんなと遊んでいたい!!」

話してくれたことが

とても印象に残っています。

初めは緊張していても

子どもの素晴らしいコミュニュケーション能力が発揮して

すぐに仲良くれます!!

そこで生まれる体験は

絶対にキラキラした体験として残るはずです。

1番大事なことはこれだと思います!!

自信を持って次は頑張りたい♪

今、落ち着いて振り返ってみると

初めてスタッフ側の立場になってみて

自信を持って行動すること! が

私に足りなかったと気づきました。

実は、賞状のデザインやオリエンテーション資料作成を

任されていたんですが、

すごく自信がなかったんです。

だって、運営フタッフメンバーは

ものすごいスキルを持ったプロフェッショナルばかり!!

なんか尻込みして、思考もネガティブになっていました。

そんな時に

はなさんから

「マナミさん!! 自信を持ってください!!」と声をかけていただいたことを思い出しました。

参加者さまからしたら、初めてだろうが2回目だろうが関係ないですもんね。

また次回、スタッフとしてお手伝いするときは

自信を持ってサポートできるように

自分自身のスキルアップを日々していきます。

  • はなさんの役に立ちたい!!
  • ビジネスキャンプを盛り上げたい!!
  • とにかく全力でサポートをしたい!!

今回のビシネスキャンプでの学びは

はなさんと一緒に頑張っていきたい!!と

強く思えるいいきっかけになりました。

今回の経験を生かして

自分を成長させたい!!

クリスマスキャンプ決定!!

朗報!!

なんとクリスマスキャンプ決定です!!

2021.12/26〜29の4日間

そして、今回もスタッフとして参加させていただきます。

前回と同様ドキドキしてますが、笑顔で頑張りたいと思っています。

そして、なんと無料説明会アンケート欄の「紹介者のお名前」に

私の名前を記入していただくと(マナとノマドとご記入ください)

5千円割引もしくは金券プレゼントされちゃいます♪

(※こちらはビジネスキャンプをお申し込みされた場合に適用されます)

気になる方はぜひ無料説明会に参加してくだいね!!

◆第三期ジュニアビジネスキャンプの概要▶︎https://hanasacademia.com/post-7672

◆説明会お申し込みフォームのURL▶︎https://forms.gle/C97KHpC1YEVMnvEfA

コメント

タイトルとURLをコピーしました